BLUEウォーターとクリクラの違いを比較

宅配水を取り扱っているBLUEウォーターとクリクラの違いを比較してみると異なる点が複数あります。

 

料金の違い

 

ウォーターサーバーは基本的にどちらもレンタル料が無料になっていますが、クリクラ省エネサーバーの場合は初回金として税別5000円が別途必要になります。また、クリクラでは3ヶ月以内で6本未満のご利用に関してはサーバーレンタル料が1ヶ月税別1000円の費用がかかります。

 

毎年一回メンテナンスを実施しますが、その際にメンテナンス費用として税別5000円が必要になります。BLUEウォーターでは複数の種類からサーバーを選べます。内部のメンテナンスは必要がない仕様になっているため、定期的にお客様が行う日常的なお手入れのみで良い特徴があります。通常通り使用して故障した場合については無料で交換や修理してくれるため安心してご使用頂けます。

 

宅配水の種類の違い

 

宅配水の種類も違いがあります。BLUEウォーターは山梨県や京都府等で採水された天然水を使用していますが、クリクラではRO膜で濾過された水道水を使用しています。どちらも安全性の高さにはこだわりがあり、定期的に専門機関に水質検査を依頼して放射性物質が残留していないか検査を実施しています。厳格な基準をクリアした製品がお客様の元にお届けされています。

 

宅配方法にも違いがあり、BLUEウォーターは空きボトルは回収しない使いきり方式で、クリクラは空きボトルを回収するシステムになっています。空き容器の取り扱い方が異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。