BLUEウォーターの放射能対策

ウォーターサーバーの使用を検討している方の多くは安全性の高い水を求めている方が多いと思います。福島原発の問題は未だ解決の道筋が不透明で、放射性物質は放出され続けている状況です。

 

生活に欠かせない飲用水にもひょっとしたら放射性物質が含まれているかもしれないと思うと安心して活用できません。きちんと安全性が約束された飲用水を求めている方にBLUEウォーターは最適です。

 

BLUEウォーターは放射能対策が万全

 

BLUEウォーターは放射能対策を万全に整えています。4種類の天然水は山梨県山中湖村(富士のバナジウム天然水)、島根県金城町(金城の華)、大分県日田市(日田の天然水)、京都府福知山市(古都のみやび天然水)で採水されています。

 

それぞれ放射性物質の影響を受ける心配がない地域にあると考えられていますが、2ヶ月に一回の頻度で放射能検査を実施して安全性を確認しています。放射能の影響が心配なお子様がいるご家庭でも安心してお使い頂けます。

 

放射能の心配がない安全性の高い天然水の品質を損なわずに美味しく頂けるのはBLUEウォーターのウォーターサーバーに秘密があります。従来のウォーターサーバーのタンクには外気が流入しているため品質を損ない、安全性や衛生面でも問題がありました。

 

BLUEウォーターではクリーンエアシステムを搭載しており、ボトルの中に空気が混入しにくい構造を保っていて無菌に近い状態を維持できます。採水したての新鮮な状態でご家庭でも自然の美味しさを実感できるメリットがあります。